1. トップページ
  2. 代表挨拶

代表挨拶

代表挨拶

代表挨拶

小学校の頃はカンケリだったりドッヂボールに夢中でした。
ほんとうに暗くなるまで毎日飽きずにやっていました。今思い出すだけでも、あの至福の時間と楽しくてたまらない感覚がよみがえってきます。

大人になって歳を重ねると仕事に対して情熱を失っていき、モノを右から左に流すだけ、価格競争、売れ残れば不良在庫。生産者に感謝することもなく価格や納期の交渉だけを機械的に行なうことに麻痺していったように思います。

売れても喜びを感じることもない。いったい誰が喜んでいるとうのか。
とにかく仕事に飽き飽きし、それでもお金にしばられ、世間体にしばられ、大人という概念にしばられていました。

そんな時、たまたま古本屋で手に取った本が人生を変えていきました。
2006年にノーベル平和賞を取ったヌハマドユヌス氏の自伝です。

貧しい女性たちに自腹でお金を貸すことからはじめた最貧困層を対象としたビジネス。
銀行というビジネスモデルで、こんなにインパクトのある社会貢献が実現できるのか……!

トレードの世界ならもっと簡単にできるはず。
関わる人たち全てが幸せになれるビジネスをしたい!

その時思い出したのが、子供の頃暗くなるまで遊んだカンケリでした。
缶が一つあれば、あとは友達に声をかけるだけ。カンケリしたい奴が集まって、缶を蹴るというシンプルなルールだけでつながる。

だれもコントロールできないけど自分も自由。メンバーはそれぞれ隠れている場所は知っている。いや知らない場合もあった。自分でなくても誰かが缶を蹴ればよいのです。

近くで隠れている奴。遠くから回り込んでとんでもないところから出てくる奴。

フリーでクリエイティブでサプライズな時間。カンケリにそのすべてがあるではありませんか(笑)

カンケリのようにビジネスができたら最高だろうな!
やってみるか! 人生実験だ! 時代は変わっている! 今ならできる!

ミッション(缶を蹴る)を達成するというルールは決まっているが皆が自由なスタイルでワクワクするビジネス、そして会社。

今、私たちは5つのシェアを行動指針にしてカンケリを始めました。

SHARE TRADE代表 竹井 伸

Menu
シェアトレード理念
代表挨拶
会社概要
スタッフ紹介
過去の活動
  • facebook
  • Blog
  • Blog